巧言乱徳

こうげんらんとく

入院飯4

am6:00起床。

慣れ無いうつ伏せ姿勢で安眠出来ず、数時間ウトウトしては首や顎、腰の痛みで目覚めてストレッチ。

うつ伏せで寝ているだけが、こんなに辛いとは思わなかった。

朝食。

f:id:kougenrantoku:20170923100042j:plain

朝の検診では手術は綺麗に仕上がっているとの事で、今後どれだけ頑張ってうつ伏せ姿勢を取り続けるかが、視力回復のポイントになる。

病院からは、野球のキャッチャーが胸に付ける様な首の部分がU字にえぐれた形状のクッションが支給されていて、これを胸に当てた姿勢でベッドにうつ伏せになるのだが、首や額、頬や喉、唇など寝具に触れる部分が時間経過と共に血行が阻害される為に痺れ始め、やがて痛み出す。

手術直後の右目は浮かして置く必要が有るので額にクッションを当てているのだが、頭の重みで徐々に沈む為に首の水平が保てず、常に首に引っ張りか圧縮の力が加わり痛みが増して来る。

横になっていても辛いので度々椅子に座って下向き姿勢を取るが、今度は違う所が痛くなって来る。

人間の身体は、長時間同じ姿勢を取り続ける事は出来ないのだ。

望月三起也先生の代表作、ワイルド7の緑の墓と言う章にエビフライと名付けられた拷問が出て来る。

f:id:kougenrantoku:20170923100230j:plain

丸太で作られた十字架を背負わされ、腰を伸ばせない様に90度曲げた姿勢で足と首に鎖を繋がれる。

作中では、『人間が同じ姿勢に耐えられるのはせいぜい1時間さ』、『その苦痛は千本からの針で腰をさされているのとおなじだという』、と解説されている。

この拷問をされたニセワイルド7の一人は痛みに耐えきれず、10時間持たずに発狂する。

主人公の飛馬はエビフライに24時間以上耐え抜いた上で反撃、脱出するが、これは不屈の闘志を持つヒーローだからである。

人一倍根性の無い私が、こんな拷問の様なうつ伏せ姿勢に2週間も耐えられるだろうか?

昼食。

f:id:kougenrantoku:20170923100352j:plain

f:id:kougenrantoku:20170923100415j:plain

それにしても1日が長い。

夕食。

f:id:kougenrantoku:20170923100431j:plain

f:id:kougenrantoku:20170923100455j:plain

まだまだ眠れない夜が続く。

広告を非表示にする