巧言乱徳

こうげんらんとく

入院飯5

又も眠れない夜が明けた。

am6:00朝食。

f:id:kougenrantoku:20170923100731j:plain

f:id:kougenrantoku:20170923100747j:plain

ここで改めて4人部屋の他の患者について記述してみる。

まずは以前に少々紹介した、私の隣のベッドで頻繁に電話をしているオジサン。

マナーモードにしていない折り畳み式ガラケーで、特に緊急性が無さそうな世間話しを延々と普通の声で話しているので個人情報がダダ漏れ

娘と孫がいるが現在は一人暮らし、バツイチで別れた奥さんは再婚しているようだ。

そんな情報はどうでも良いのだが、気になるのは女性看護師さんへの対応だ。

曜日や、夜勤などでシフトが代わるので総勢10名を超える看護師さんが忙しく働いているのだが、この患者は若い女性看護師が来る度に、キレイだね、可愛いね、とやたらに褒める。

ちなみにこの患者、マナーモードにすると携帯電話が何処に有るかも判らない位、視力が悪い。

まあ、それだけなら良いのだが、続けて必ず電話番号教えてと続けるのだ。

私が聞いただけでも4名に電話番号を聞き(当然教えないが)、1名には強引に自分の電話番号を書いたメモを渡していた。

普通にセクハラ行為だろう。

何となく、離婚していて現在一人暮らしの理由が判る。

翌日退院して行ったが、退院手続きに時間が掛かる事を何度も看護師さんにクレームを付けた挙句、『文句を付けないと何時までも待たされる』、と吐き捨てる様に呟いて退室。

まあ、クレームを付ける事でこの患者の手続きはちょっと早くなったかも知れないが、何度も問い合わせに行かされたスタッフの手間や、クレーマー対策で後回しにされたかも知れない他の患者の迷惑なんかは、全く考えた事も無いのだろう。

病院スタッフの為にも、この患者が再入院しない事を心より祈る。

昼食。

f:id:kougenrantoku:20170923101055j:plain

f:id:kougenrantoku:20170923101111j:plain

次は私のベッドの窓際の並びの患者を紹介する。

この患者さんはかなり高齢で、目だけで無く歩行も困難。

更に耳が悪いらしく補聴器をしているのだが、これが問題だった。

ラジオを聞いているようだが、補聴器の調子が悪いらしく甲高い金属質なキーンと言うハウリングの様な音がしばしば発生する。

更に胃腸の具合が悪いのか、頻繁に大きな音と共に放屁を繰り返す。

ちなみ各ベッドは上下が開いたカーテン1枚で仕切られているだけなので、防音性は一切皆無。

歩行が困難な為、トイレが近い部屋が空いたので2日で移動して行ったが、携帯電話好きと一緒に居なくなったのでちょっとは気が楽になった。

夕食。

f:id:kougenrantoku:20170923101305j:plain

f:id:kougenrantoku:20170923101320j:plain

さて、4人部屋の残る一人の患者は、私より長く入院しているらしく、スタッフは全員顔なじみ。

左目は問題無いようで、年齢も私と同年代らしく、眼科病棟の患者としては若いので歩くのもしっかりしているが眼の方は重症のようだ。

ひっきりなしに看護師に痛みを訴え、アメーバが暴れていると繰り返している。

アカントアメーバ角膜炎と言う奴か?

具合が悪いのは仕方がないが、体臭が気になるのか日に何度も男性用消臭スプレーを噴霧するのが気になる。

実は同様の体臭抑制スプレーを私も持ち込んでいたのだが、アメーバー氏の行動を見て自粛した。

病気のおっさんが臭いのは当たり前なのだ。