巧言乱徳

こうげんらんとく

入院飯8

am6:00、起床。

この病院は週の始めに手術が集中する。

眼科の手術の多くは白内障などの比較的入院日数が少ない患者が多い為、週の後半には大抵の患者が退院してしまうので週末は入院患者が少ないようだ。

私のベッドの有る4人部屋は、例の携帯電話と補聴器が退院してから新規の入院は無く、昨夜はアメーバ氏が一時的な外出許可を取って帰宅したので一人きりの静かな夜を過ごした。

朝食。

f:id:kougenrantoku:20170925083219j:plain

f:id:kougenrantoku:20170925083236j:plain

朝食後の点眼時、手術した右目を鏡で観察する。

手術直後には白目部分が真っ赤に充血していてターミネーターの様になっていたが、大分赤い部分が減ってきた。

眼球内に充填されたガスも徐々に減ってきて、顔を上げて水平方向に視線を向けると、視界上部にガスが溜まっているのが線になって見える。

実際には眼球内部で視界が反転するので、線から下の部分が全部ガスなのだ。

ガスは通常の体液と屈折率が異なるので、明るさは感じられるが曇りガラスを通している様に、視界がハッキリしない。

昼食。

f:id:kougenrantoku:20170925083318j:plain

f:id:kougenrantoku:20170925083349j:plain

午後になってから、週明けに手術を受ける為に空いていたベッドに2名の新しい患者がやって来た。

両名共に比較的症状は軽いらしく、テレビを見ている。

窓際のベッドの患者はとても静かなのだが、アメーバ氏の隣の入り口近くの患者が問題行動を取り始める!

最初は私に話しかけているのかと思ったが、周囲がビックリするような大声で独り言を繰り返すのだ。

じれは、認知症じゃなかろうか・・・トラブルは避けたいので注意もできない。

何でこの部屋はこんな患者ばかり入って来るんだ?

まあ、明後日退院なのでそれまでの辛抱だ。

夕食。

f:id:kougenrantoku:20170925083443j:plain

f:id:kougenrantoku:20170925083335j:plain

一時帰宅していたアメーバー氏も戻り、満室となった4人部屋。

隣のベッドの不気味な独り言を聞きながら夜が更ける。

広告を非表示にする